1. トップ>
  2. 快適住まいのサポーター>
  3. 住宅金融支援機構 首都圏広域事業本部 地域業務第二部

快適住まいのサポーター

住宅金融支援機構 首都圏広域事業本部 地域業務第二部

資金関連

お客さまコールセンター:0120-0860-35 営業時間:毎日9:00〜17:00(祝日、年末年始を除き、土日も営業しています。)

ずっと固定金利の住宅ローン【フラット35】

【フラット35】で「安全な資金計画」をサポート!

住宅金融支援機構は、民間金融機関と提携し、長期固定金利住宅ローン【フラット35】を提供している。住宅ローンには、全期間固定金利型、固定金利期間選択型、変動金利型の3つの代表的なタイプがある。固定金利期間選択型や変動金利型は、金利情勢により返済額が大きく変化する。長期の金利動向を予測するのは難しく、安定した返済計画が立てにくい。一方【フラット35】は、借り入れた時に完済までの返済額が確定するため、長期にわたり家計の収支計画を立てやすくなる。さらに、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得される場合に【フラット35】のお借入金利を一定期間引き下げる【フラット35】S(※)という制度があり、住宅ローンの返済額を軽減することができる。

また、住宅ローンは通常、長期間(約20〜35年)かけて返済していく。この期間には、住宅ローンの返済だけでなく、子供の成長に伴う教育費、住宅の修繕といったさまざまな出費が必要になることや、老後の生活資金を蓄える期間であることも忘れてはならない。住宅ローンを利用する際には、将来、支出増加や収入減少があっても安心して返済を継続できる家計の資金計画を立てておくことが重要だ。

そのために活用したいのが、フラット35サイトで提供している「資金計画シミュレーション」だ。住宅ローンの返済計画をはじめ、毎月の家計収支や将来のライフイベントを踏まえた貯蓄残高の推移が、表やグラフでわかりやすく表示される。誰でも無料で簡単に利用できるので、ぜひ役立ててほしい。

(※)【フラット35】Sには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付を終了する。受付終了日は、終了する約3週間前までにフラット35サイト(www.flat35.com)でお知らせする。

住宅金融支援機構は、民間金融機関と提携して長期固定金利住宅ローンを提供しているほか、住宅金融公庫時代から、「技術基準」を定め住宅の品質向上を図ってきた。良いものを長く大事に使う、という家づくりの大きな潮流にそった動きだと言えよう。