1. サイトトップ>
  2. 実力派工務店>
  3. 株式会社小林建設

実力派工務店 株式会社小林建設

代表取締役 一級建築士
小林 伸吾

国土交通大臣(特-25)第20269号

高崎展示場 群馬県高崎市下中居町233-11
TEL. 027-350-5471
高崎展示場Ⅱ 群馬県高崎市矢中町20-8
TEL. 027-386-5397
本社展示場 埼玉県本庄市児玉町児玉2454-1
TEL. 0495-72-0327
エコショップ 埼玉県本庄市小島南2-4-19
TEL. 0495-23-2232
E-mail eco@kobaken.info

当社の得意分野

※上のアイコンをクリックすると各分野の一覧をご覧いただけます。

「いうことのない」設計・施工の調和した家づくり 展示場も充実

「いうことのない家」と専門家に評される、小林建設の家づくり。「いうことのない」とは、全てが過不足なく調和し、「文句のつけようがない」という意味だ。奇をてらわず、流行を追わず、「正直につくる木の家」。「厳選した自然素材、心地よく美しいデザイン、匠の技術と革新の知恵、高性能基準、地域の住文化への貢献」(要約)の5つを信念として、小林建設は注文住宅一本の家づくりに徹する。

社員の約半数を占める一級建築士の社内コンペによるプランの提案、そして匠の技を生かした職人たちの手仕事。小林建設の設計、施工力の評価は高い。「ぐんまの家」設計・建設コンクール受賞作(特別賞、優秀賞など)も全ての作品で、自社設計・施工という総合力が際立つ。

設計では、2007年「陽の栖(ひのすみか)」、2013年「コバケンLABO」、さらに2017年「ギャラリーhinosumika」でグッドデザイン賞受賞。計3度のグッドデザイン賞は、地場工務店で例が見当たらない。

施工でも、「ハウスGメン優良工務店」優良工務店表彰と優良工事担当者表彰を2005年から連続ダブル受賞。これは、小林建設が全国唯一だ。

年間完工棟数40棟、OMソーラー累計約500棟という数字は、地場工務店の中で群を抜く。その設計と施工の調和した家づくりは、月2回ペースの現場見学会と合わせ、高崎市と本庄市に展開する4カ所の展示場で体感できる。

2018年6月、住宅情報誌「チルチンびと」の別冊小林建設特集が発売された。約200ページにわたって、小林建設の家づくりの考え方や実例を中心に、関連するOMソーラー、自然素材、薪ストーブなどの記事が掲載されている。「ギャラリーhinosumika」についてもページを割き、豊富な写真とともに紹介している。小林建設の入門編として、また小林建設を深く知りたい人にも好著といえよう。

2017年5月開設の展示場「ギャラリーhinosumika」(高崎市矢中町)。パッシブデザイン協議会評価(パスデック)最高ランク獲得の「パッシブZEHの家」。庭の提案、大壁造りの空間、家具のギャラリーなども見どころ。

アクセスマップ

最新の不動産・
実力派工務店情報満載!

中古・新築住宅、売地、商業用地、賃貸物件など

最新のすみかくらぶWEB版を見る

Vol.1042 9/20発行

県内選りすぐりの工務店の家づくりがスマートフォンやタブレット、パソコンを通してご覧いただけます。

詳しくはこちら