1. トップ>
  2. 実力派工務店>
  3. 株式会社荒木工務店

実力派工務店

株式会社荒木工務店

設計部荒木 拓磨

建設業許可群馬県知事(般-24)第8466号

本社 渋川市渋川2710
TEL.0279-24-1181
FAX.0279-24-1019
NEW OPEN HOUSE 渋川市渋川2764-3
E-mail info@araki-koumuten.com
真夏の「NEW OPEN HOUSE」で体感できる 高性能で安心・快適な住み心地

長年にわたって「遮熱住宅」を研究開発してきた荒木工務店。充実の最新技術で建てたこだわりのモデルハウス「NEW OPEN HOUSE」が昨年6月、渋川市渋川にオープンした。設計部の荒木拓磨さんは「酷暑や厳冬期こそ、体感見学をしてほしい」と自信をのぞかせる。

39.34坪の「NEW OPEN HOUSE」は、20畳用のエアコン1台による全館空調で、温度差のない快適空間が体感できる。断熱材にはNASAが開発した省エネ性の高い「超薄型アルミ高断熱材」を採用。8ミリという薄さながら、床・壁・屋根まで隙間なく魔法瓶のような構造で建物を丸ごと包み込む。高気密状態が維持され、屋内の空気を常に快適な状態に保つことができるため、エアコンの使用も大幅に短縮できる。また、家族構成や住み方に合わせた空調設備を提案してくれる。

明瞭な価格設定も荒木工務店の大きな特色だ。設計から完成までの建築費用は、「延べ床面積×標準坪単価(税別)」で算出できる。一般的には施工面積で計算されるため、価格面で大きなメリットがある。例えば、ベランダやポーチを設置した場合でも坪数には入らない。その分、総建築費が抑えられるわけだ。塗り壁の外壁や三州瓦の屋根を標準仕様とし、高断熱サッシとLow-Eガラス、断熱玄関ドア、網戸をはじめ、ハイグレードなシステムキッチンやシステムバス、照明器具やシーリングファン、キッチンカウンターや収納なども標準仕様。この充実した設備が坪単価に含まれて表示されているから分かりやすい。

安心・安全な耐震性と、高い断熱性能や遮熱性能を備えた最新プラン「MY HOUSE 3層断熱・全館空調対応仕様・耐震等級3」のNEW OPEN HOUSE(左写真)。洗面脱衣やトイレも温度差のない快適な全館空調で室温のバリアフリー化を実現。

「お客さまからお選びいただける工務店でありたい」と願う同社は、じっくりとお客さまと向き合い、納得のいくまで対話をし、施工金額はわかりやすく総額で提示する。その信頼度の高さが口コミで広まり、数多くの施工実績を持つ。訪問営業は一切行っていないため、まずは「NEW OPEN HOUSE」へ足を運んでその快適さと充実度を体感してほしい。詳しいパンフレットも用意しているので、気軽に問い合わせてみるといいだろう

NEW OPEN HOUSE
施工 荒木工務店 建築面積 73.71平米(22.29坪) 工法 木造軸組工法
設計 荒木工務店建築設計事務所 延床面積 130.08平米(39.34坪)
アクセスマップ