1. トップ>
  2. 実力派工務店>
  3. いちいホーム 株式会社瀧澤興業

実力派工務店

いちいホーム 株式会社瀧澤興業

専務取締役 一級建築士瀧澤 和也

建設業許可群馬県知事(般-25)第4869号
一級建築士事務所 群馬県知事登録第3369号

住所 高崎市八幡町788-8
TEL 027-343-3577
FAX 027-343-2924
E-mail taki-k@soleil.ocn.ne.jp
快適な温熱環境を実現する新工法採用で究極のエコハウス探求

設計や現場監督はもちろん社員だが、加えて熟練した5人の自社職人を有する。一つ一つの案件に丁寧に責任持って施工できるのが、いちいホームの大きな強みの一つ。 

安定した施工力をベースに、いちいホームでは気密・断熱・換気を追求したエコハウスづくりに取り組む。設備面に頼らず構造面から高気密高断熱を提案するのが同社の基本コンセプトだ。

「上州百年の家project」に参加し、優れた工法やシステムを積極的に採用する。年間通じて一定した温度を保つ地中熱を利用する「地中熱取得換気システム」を導入している。通風の重要性を考慮し、室内の空気をクリーンに保つ床面排気も採用。わずかな冷暖房で快適空間を実現し、真冬でも床に自然な暖かさを保つ。さらに、床に大量の吸放湿素材を敷き詰める新工法を採用した。24時間換気をしながら夏は除湿した空気を、冬は加湿した空気を室内に給気するという画期的な湿度コントロールシステムだ。

また、国の「スマートウエルネス推進事業」に基づく「ぐんま健康・省エネ住宅推進協議会」に参加し、ヒートショックのない健康的な家づくりを目指して高気密高断熱性能の向上に取り組んできた。断熱材が通常仕様の1.8倍という新工法を昨年から採用し、「どこにも負けない」という自信を持つ。施主からも「とにかく暖かい、真冬でも半袖でOK」という声をいただいているそうだ。もちろん、太陽光発電と組み合わせてゼロエネルギー住宅にも対応する。

白を基調にしたスタイリッシュな3世代住宅。吹き抜けを生かした開放的な住空間と高い省エネ性を両立している。白い壁面にダークブラウンの木材がよく映え、シンプルモダンなイメージ。

一方、空間設計にも力を入れ、一級建築士によるプラン提案では、設計前の敷地調査も徹底し、現地の風向きや日照などの自然状況を生かしたパッシブデザインを採り入れる。施主の要望に応じ、モダンなデザイン探求も得意とする。

こうした究極のエコハウスづくりと空間設計を体感してもらうため、同社では現場見学会を多数開催する。必要最小限の暖房で全館23℃に設定された室内の快適さをぜひ味わいたい。

プラン例
施工 いちいホーム 建築面積 105.99平米(32.00坪) 工法 木造軸組工法
設計 いちいホーム 延床面積 162.30平米(49.00坪)
アクセスマップ