1. トップ>
  2. 実力派工務店>
  3. ほしかわ工務店株式会社

実力派工務店

ほしかわ工務店株式会社

専務取締役干川 彰仁

建設業許可群馬県知事(般-28)第22617号

事務所 高崎市下小塙町609-7
TEL. 027-340-7006
FAX. 027-340-7007
E-mail info@hossyhouse.com
ずっと居たくなるような自然に寄り添う家づくり

「小さく建てて、豊かに暮らす」。それが、ほしかわ工務店の推奨する住まい。「良質な家をつくるには、無駄をなくすことが大事」と干川彰仁専務は語る。無駄に建物を大きくしない、無駄に天井を高くしない、無駄に窓を増やさない。建物の容積と開口部を減らせば省エネにつながる。そうして、シンプルかつ自然素材の優しいぬくもりを感じる、居心地のいい家を提供する。

昭和52年の創業以来、純和風建築を基盤に置きながら、「古きを知りて新しきを築く」を理念に掲げる同社。地域に根差し、誠実にコツコツと住宅の新築・リフォームに特化した工務店スタイルを貫いている。住まう家族の夢や思いを実現するために、会話を大切にしながらじっくりと向き合い、そこから生まれる豊かな提案で、個性の光る家づくりを約束する。

自ら設計する干川専務は、「その土地に合った自然と共存する家でなければならない」と考える。まずは、建築現場で自然を感じながら時間を掛けてスケッチをするという。土地を見て、土地を生かし、自然との調和を第一に考え、景観のいい場所に窓を配置する。その土地ならではの見事な借景を提案する。

雑木林に囲まれた景観を生かし、自然に溶け込む緑色の板張りの家。大きな柿の木に手が届く2階のテラス、軒の深い薄屋根は日差しをコントロールする。室内は「わざわ座」の家具を配置し、吹き抜けには薪ストーブが備わる。

また生粋の職人気質から、施主と現場の橋渡しを仕切り、すべての工程に目を光らせ、職人たちが気持ちよく働けるよう意思疎通を重視する。「自分が住みたいと思える納得のいく家づくり」を常に心掛け、職人と一丸になって高い志を持ち、妥協することなく施主の理想の住まいを築き上げる。住まいの枠にとらわれない豊かな経験と発想、高い技術力を生かした迅速かつ柔軟で正確な現場対応は得意とするところだ。大工職人として培った自身の経験を生かし、技術と応用力、そして職人魂を絶やさぬよう、若手職人の育成にも力を入れている。自身も勉強会に参加するなど技術や知識の習得に磨きをかけている。

木の家には木の家具がよく似合う。同社は手仕事集団「わざわ座」に所属し、自社大工職人による造作家具の提供も行う。手仕事による木の温かみある「わざわ座」ブランドで、インテリアのトータルコーディネートが実現できる。

間取り
施工 ほしかわ工務店 建築面積 74.74平米(22.60坪)
設計 ほしかわ工務店 延床面積 125.80平米(40.80坪) 工法 木造軸組工法
アクセスマップ