1. トップ>
  2. 実力派工務店>
  3. CROSSHOUSE YK建物株式会社

実力派工務店

CROSSHOUSE YK建物株式会社

代表取締役永田 正彦

建設業許可群馬県知事(般-26)第20860号
宅地建物取引業免許群馬県知事(3)6475号

住所 伊勢崎市下触町841-2
TEL 0270-40-0740
FAX 0270-40-0741
E-mail info@crosshouse.jp
自然素材とデザイン性と断熱性を高いレベルで実現する家づくり

「自然素材でつくる省エネ住宅」を標榜するクロスハウス。無垢材と塗り壁のナチュラルデザインと徹底した高断熱高気密による家づくりが好評だ。

高崎イオンに隣接するモデルハウス(高崎市棟高町)が同社デザインの基本ライン。無垢と塗り壁を基調に吹き抜けリビングやスキップフロアによる空間の有効利用などナチュラルテイストの高感度なデザインが体感できる。

しかし、これはあくまでも同社の表の表情。実は自社に製材工場を持ち、木材乾燥機やプレカットマシンを保有し、クオリティーとコストカット追求には独自のこだわりがある。しかも多能工職人を自社にそろえ、基礎工事や断熱施工に至るまで内製化を図り、施工力には自信を持つ。扱いが難しい無垢材の品質の統一化、規格化を図り、コストダウンにもつなげようと取り組んでいる。

こうした工務店としての充実した基礎力あってのデザイン性の追求というわけだ。一貫体制を構築しているため、家本体に加え造作家具も無垢材で自由自在につくることができるのも人気の一つ。

「暖かい家に住みたい」という要望が強い昨今、断熱性は家づくりの重要ポイント。同じ素材を用いても施工力によって実際の性能に大きな差異が生じることは意外に知られていない。同社では、自社職人がセルロースファイバーを隙間なくびっしりと敷き詰め、実際に生活している施主からも「吹き抜けでも、とても暖かい」と好評だ。窓も高性能な樹脂の三層ガラスを採用し断熱性向上に努めている。さらに家全体を自然な暖かさで包む蓄熱式床暖房「サーマ・スラブ」や手入れが容易な「ペレットストーブ」も提案する。

モデルハウスは38坪(事務所部分を除く)だが、遊び心のあるスキップフロアを多用した4層構造であり、空間が有効利用できることに驚かされる。無垢と塗り壁のナチュラルタッチの質感が心地良い。

同社は2020年に義務化される省エネ基準にすでに適合し、ゼロエネ住宅(ZEH)や長期優良住宅を上回る高性能住宅にも取り組んでいる。住宅気密測定器を使い数値化し、気密性能向上にも力を注ぐ。ZEHビルダー登録も済んでいるので、補助金利用も可能だ。

まずは、モデルハウスでその魅力を感じてほしい。

間取り
施工 クロスハウス 建築面積 109.30平米(33.06坪) 工法 木造軸組工法
設計 クロスハウス建築設計事務所 延床面積 154.01平米(46.58坪)
アクセスマップ