1. トップ>
  2. 実力派工務店>
  3. 田村建設株式会社

実力派工務店

田村建設株式会社

代表取締役田村 勝幸

建設業許可群馬県知事(般-26)第3850号
宅地建物取引業免許群馬県知事(4)第6291号
一級建築士事務所 第1567号

住所 前橋市古市町1-16-6
TEL 027-251-5770
FAX 027-253-2509
E-mail info@e-tamura.com
OMクワトロソーラーで〝太陽と木と暮らす〟健康住宅

創業70年の田村建設は、地元密着の家づくりを貫き、無垢材や自然素材をふんだんに使用した健康住宅を提供して、地域住民の信頼を得ている。

「住まいは生命を育む大切な場所」というのが、田村勝幸代表取締役の持論。敷地を読み、光を入れ、風を通す考え方で太陽の恵みを最大限利用した快適な生活空間づくりに生かされている。同社が開発当初から30年にわたって家づくりに取り入れてきた「OMソーラーシステム」は、その大きな原動力となっている。

システムの仕組みはきわめて合理的だ。屋根に降り注ぐ太陽熱で温められた空気を床下へ送り、蓄えた熱で家全体を暖める方法で、快適な居住空間が保てるとあって、多くの人に支持されている。

ゼロエネルギー住宅が注目される中、最近は太陽電池と組み合わせた「OMクワトロソーラーシステム」の人気が高まっている。従来の太陽熱利用に加え、太陽光発電パネルを搭載して、暖房、発電、給湯、換気の4つの機能を果たすことができるのが特長。「ゼロエネ住宅を希望する人にはうってつけです。持続可能なシステムとして、今後ますます注目されるでしょう」と田村代表取締役。

4.5キロワットの太陽光発電パネルを搭載したOMクワトロソーラーのゼロエネルギー住宅。広々としたLDは風通しがよく、自然光をたっぷり取り込めるパッシブデザインで、ナラやスギの無垢材と漆喰などの壁に囲まれた快適な住空間になっている。

OMの魅力と健康に配慮した同社の家づくりは、幅広い世代に受け入れられ、施工依頼は県内一円に及ぶ。写真の木造2階建て住宅も、3人のお子さんを持つ子育て世代のご夫妻の注文によって建てたOMクワトロソーラーのマイホームだ。

室内に日光や風を取り込みやすいように、外観は「へ」の字型に工夫をしている。床はナラ、天井や柱はスギの無垢材、壁は漆喰や珪藻土と、自然素材にあふれている。水回りはコルクフローリングで、家事がしやすいようにキッチンはシンクとコンロがセパレートになっており、作業スペースが広い。広々としたリビング・ダイニングは、自然光がたっぷり取り込めるパッシブデザインで、6寸角のヒノキの大黒柱が目を引く。ガルバリウムの屋根には、4.5㌔㍗の太陽光発電パネルを搭載しており、余裕のゼロエネ住宅となっている。

OMソーラーシステムは自然素材と相性がよく、ナチュラルな家づくりの田村建設にピッタリ。「太陽と木と暮らすOMソーラーの家」を多くの人に提供したいと、田村代表取締役は強く願っている。

間取り
施工 田村建設 延床面積 95.93平米(29.20坪)
設計 田村建設一級建築士事務所 施工面積 140.64平米(42.55坪) 工法 木造在来工法
アクセスマップ