1. トップ>
  2. 実力派工務店>
  3. 神宮木材

実力派工務店

神宮木材

代表取締役神宮 力

建設業許可群馬県知事(般-26)第184号
宅地建物取引業免許群馬県知事(2)第6932号

住所 北群馬郡吉岡町下野田933
TEL 0279-54-3860
FAX 0279-54-7775
E-mail jingu-m@sea.plala.or.jp
独自の断熱・遮熱・換気システムと無垢材で自然派快適住まいを実現

人口増加率県内トップ(1.25%平成26年群馬県移動人口調査)、全国でも9位(2015年国勢調査データ)の吉岡町を拠点に、子育て世代を中心に人気を博し、数多くの家づくりを手がけている神宮木材。

その社名が示す通り、もともと材木商として創業しただけに、無垢材に対する造詣はとりわけ深い。自社倉庫で自然乾燥させた生きたままの無垢材を適材適所に用いるテクニックとセンスに優れている。サワラ、サクラ、ヒノキなど天然の素材を樹種の質感や特性に応じて使い分ける。

加えて、長年にわたり快適住まいの追求を続けてきた神宮力社長がたどり着いたのが、「自然流遮熱健康住宅」だ。

グラスウールの断熱材を入れた上に、さらにアルミ純度99%、熱の反射率に優れた「高性能遮熱メタルシート」で家全体を包み込む。夏は外部からの熱を遮り、冬は内部の暖気を逃さない。夏場は基礎に設置した風窓を開放し、床下から小屋裏まで壁体内に涼しい空気を通すオリジナルの換気システムだ。室内の風の動線も確保され、最小限のエアコンで、夏涼しく、冬暖かい空間を実現できる。床下内の結露対策にも万全を期している。

採光性とデザイン性を重視し大きめの窓を使用するが、断熱性に優れたLow-Eガラスによって、開口部からの熱の逃げを防ぐ。

また、地震の揺れを制御し、連続するような大地震に対しても有効に作用し、被害を最小限に防ぐ「制振オイルダンパー」を採用する。

和モダンな雰囲気の二世帯住宅。造り付けのカウンターデスクや広々としていながら主張しすぎないキッチンに特徴のあるLDK。和室は、板戸と京壁塗り。床材にはサクラとタケを使用、質感の違いを楽しめる。畳寄せには、掃除機で壁が傷つかないような工夫も。

空間設計は、併設する設計室で純和風からモダンまで自由自在に対応する。施主の理想にかなうよう、プランのブラッシュアップにも粘り強く細やかな対応を基本とする。「満足度の高い家づくりができた」と好評で、口コミでの注文が増えている要因となっているようだ。

工務店としての技術力を生かし、リフォームやリノベーションの実績も多い。不動産部門もあり、土地探しから家づくりも対応可能。気さくな人柄の神宮社長には何でも相談できそうだ。同社の家づくりは多方面から進化を続けている。

間取り
施工 神宮木材 建築面積 106.82平米(32.31坪) 工法 木造軸組工法
設計 神宮木材 延床面積 176.38平米(53.35坪)
アクセスマップ