1. トップ>
  2. 実力派工務店>
  3. 株式会社岡田木材

実力派工務店

株式会社岡田木材

代表取締役岡田 隆治

建設業許可群馬県知事(般-26)第20881号 群馬県認定事業体
岡田木材設計室一級建築士事務所 群馬県知事許可 第3864号

住所 富岡市上小林364-2
TEL 0274-67-2587
FAX 0274-67-2588
E-mail okada@dan.wind.ne.jp
常識を覆す上質無垢の家づくり

「家は3軒建てないと理想の家にならないと言われますが、1軒目で施主の理想をかなえたい。そのためには理想を施主と共有するために入念なコミュニケーションが欠かせません。そのイメージを職人たちと共有することも必要です」と熱く語るのは、岡田木材の岡田隆治社長だ。

自ら設計を手掛け、職人たちと力を合わせ施主とともに理想を追求する。和風からモダンまで、その引き出しは広い。

同様の方針を掲げる工務店はほかにもあるが、同社ならではの取り組みがある。社名からも分かるように、もともと林業の会社。輸入木材ばかりが流通する現状を憂え、地域の林業を盛り立てるべく、家づくりを手掛けるようになった。

岡田社長自らが、山に入り、木を厳選し、伐採・搬出から住宅の設計・施工までを一貫して手掛ける。施工についても長ほぞの木組みにこだわり、耐震性・耐久性の高い家づくりを行う。

通常の木材流通とは大きく異なる、言ってみれば「林業の6次産業化」を実現した。だからこそ、経費を抑えつつ、上質無垢材をふんだんに使う家づくりができる。

白い塗り壁とナチュラルカラーの木が印象的な外観。開放的な吹き抜けと薪ストーブのあるLDKにはさんさんと光がふりそそぐ。全館通して節目のほとんどない上質な無垢材が使用されている。床暖房はないが、1階、2階ともに真冬でも驚くほど床が暖かいのは、無垢材と断熱性能の成せる技。

施主の理想をかなえることが出発点だから、同社の建てる家の方向性は案件ごとに大きく異なる。しかし、どの家も無垢材がふんだんに使われる点は共通している。例えば、家族が多くの時間を過ごすリビング床には節目のほとんどない極上のヒノキを用い、壁はコストパフォーマンスにも優れた粘土質の塗り壁。光の採り入れ方や風通しなども絶妙だ。断熱性能にもこだわり、床下に至るまで抜かりがない。

自慢の無垢材をはじめとする自然素材の家づくりによって、アレルギーの子どもがいる施主の家づくりを依頼されることもあり、健康住宅に興味のある施主にとっても要チェックだ。

無垢材と設計にこだわりのあるハイクオリティーな家づくりを目指す施主の強力な味方となる同社。「群馬の木で良い家をつくり続けたい」と岡田社長は力強く語る。

間取り
施工 岡田木材 建築面積 118.00平米(35.69坪) 工法 木造軸組工法
設計 岡田木材設計室 延床面積 149.87平米(45.33坪)
アクセスマップ