1. サイトトップ>
  2. 実力派工務店>
  3. 有限会社鞍城建設

実力派工務店 有限会社鞍城建設

代表取締役 一級建築士
石坂 孝司

建設業許可群馬県知事(般-28)第13822号
一級建築士事務所 鞍城建設3485号

住所 沼田市材木町1326-12
TEL 0278-22-2711
FAX 0278-22-2723
E-mail anjoh@an.wakwak.com

当社の得意分野

※上のアイコンをクリックすると各分野の一覧をご覧いただけます。

伝統技術と現代デザインが融合した自然素材でつくる和モダン住宅

「居心地のよい暮らしが、永く続く住まいであるように」。そう考え、家づくりと向き合う鞍城建設。日本建築に対する造詣が極めて深く、伝統技術を継承しながら現代デザインにも目を向け、双方を融合させた「和モダン住宅」を提供する。現代の暮らし方に配慮した使いやすい間取りと心地よい空間設計で、世代を超えて愛される建築を目指している。

神社仏閣に魅せられ、建築の道を志したという石坂孝司社長は、社寺建築でその名の知れた都内の工務店で腕を磨き、重要文化財級の修理・復元にも携わった。この経験が鞍城建設の家づくりに大いに生かされている。自社倉庫には屋久・秋田・北山のスギや木曽ヒノキといった、名だたる銘木が自然乾燥の状態で豊富に眠る。それらをどこに用いるのかイメージするのも重要な工程だという。木を熟知し、多彩な樹種を惜しげもなく用い、木の持つ特性を引き出す家づくりには、一般住宅ではなかなか見られない良材が随所に配置される。匠の技で精度高く建てた同社の家には、力強さと繊細さが同居し、わびさびの美意識が感じられる。得意とする木造数寄屋建築や社寺建築、古民家再生など、数多くの施工実績を持つ。

鞍城建設がこだわるのは「呼吸する木の家」。十分に乾燥させた木材は呼吸する力が大きく調湿性が高い。この呼吸する木の力を生かして、木造住宅の大敵とも言える結露を克服し、人と住まいの健康を守る。内装には無垢材のほか、珪藻土や和紙などの呼吸する自然素材を用いる。断熱材には施工ムラの少ない自然素材のセルロースファイバーを内断熱に使い、外断熱と組み合わせたダブル断熱工法も採用している。石坂社長は「気密性ばかりが注目されますが、結露対策には通気性が重要。当社は断熱と通気を両立させた家づくりで家の寿命を延ばします」と語る。

雪見障子から光が回る、明るく落ち着きのある畳のリビング。薄い窓枠は「はっかけ」という手法を用いた繊細なつくり。中心に立つヒノキの無垢の丸太の柱はどっしりとして安心感を与える。木のぬくもりと日本の伝統美が随所に感じられる家。

また同社では、構造見学会や完成見学会のほか、定期的に住まいの勉強会を開催し、家と健康との関わりやライフプランに基づいた資金計画など、多角的に家づくりをサポートしてくれる。

間取り

施工
鞍城建設
設計
鞍城建設
工法
木造軸組工法
建築面積
73.28平米(22.16坪)
延床面積
117.79平米(35.63坪)

アクセスマップ

最新の不動産・
実力派工務店情報満載!

中古・新築住宅、売地、商業用地、賃貸物件など

最新のすみかくらぶWEB版を見る

Vol.1033 7/19発行

県内選りすぐりの工務店の家づくりがスマートフォンやタブレット、パソコンを通してご覧いただけます。

詳しくはこちら