1. トップ>
  2. 実力派工務店>
  3. 建築間物語 有限会社石山不動産

実力派工務店

建築間物語 有限会社石山不動産

代表取締役山上 守

建設業許可群馬県知事(般-24)第18555号
木材製材業許可/木材業:017173号
製材業:017052号

住所 桐生市新里町山上544-6
TEL 0277-74-4800
FAX 0277-74-4808
E-mail info@ishiyama-f.jp
全館無垢材仕立ての建売住宅を新規スタート

製材部門を持つ石山不動産はそのメリットを最大限生かし、良質な無垢材を丸太で仕入れ、加工や自然乾燥を行う。床や柱、梁はもちろん、壁、天井に至るまで無垢材による家づくりを特色とする。土台には頑丈な山グリ、梁には樹齢100年を超える極太の地マツ、柱には日光スギや秋田スギ、ヒノキなどを大胆に用いる。

そして、こうした極上の素材を料理するのが、高い技術を持つベテランから若手までそろった職人たち。同社は「職人魂」を標榜し、適材適所の厳選無垢材と丁寧で高度な技法をコラボさせる。職人たちは「木造住宅の文化を継承していきたい」との気概を持ち、切磋琢磨する。山上守社長は、さらに若手職人を育成していきたいという意欲を抱いている。

また、自然素材の良さをいっそう引き立てるには、デザイン性も必要だ。同社は、施主の要望に応じて「和」の中にも巧みに「モダン」の要素を取り込んだ家づくりを得意としている。

施主の要望を十分に生かすべく、コミュニケーションや施工にもじっくり時間をかけ、3カ月の養生期間も取り入れたスローな家づくりを貫く。

その一方で、「無垢材の家が欲しいが予算的に厳しい」「一般的な建売分譲住宅では個性がなく味気ない」といった不満を持つ人たちのため、同社の持つノウハウを駆使し、無垢材を用いた建売分譲住宅をリーズナブルに提供する。不動産部門も持つ同社ならではの新規事業である。

 

吹き抜けリビングは、梁などの骨組みを見せる造り。建売でも同社の得意とする大胆さと精巧さが同居した家づくりの醍醐味が味わえる。造作類なども含め、さまざまな種類の無垢材が使用されている。無垢ファンにはたまらない建売だ

平屋で30坪ほどの物件が中心。床や天井、壁に至るまで、ほぼすべてが、惜しみなく無垢材による仕上げ。まるで森林の中で生活しているような気分が味わえるだろう。森林の精気、フィトンチッドが漂う空間で、子育て世代にも好評だ。

限られた予算の子育て世代にも、できるだけ本物の木づくりの家を提供したいという志を抱く山上社長がたどり着いた一つの答えである。

間取り
施工 石山不動産 建築面積 112.62平米(34.06坪) 工法 木造軸組工法
設計 石山不動産 延床面積 103.92平米(31.43坪)
アクセスマップ