1. サイトトップ>
  2. 実力派工務店>
  3. 木建築間物語 有限会社石山不動産

実力派工務店 木建築間物語 有限会社石山不動産

代表取締役 山上 守

建設業許可群馬県知事(般-29)第18555号
木材製材業許可/木材業:017173号
製材業:017052号

住所 桐生市新里町山上544-6
TEL 0277-74-4800
FAX 0277-74-4808
E-mail info@ishiyama-f.jp

当社の得意分野

※上のアイコンをクリックすると各分野の一覧をご覧いただけます。

無垢材尽くしの健康平屋住宅が好評 建売住宅でも展開

今や無垢材を用いた家づくりは珍しくないが、その中でも石山不動産は稀有な存在だ。同社の建てる標準的な施工例は、床や梁、柱はもちろん、天井や壁面も無垢材を用いる。押入れやトイレも例外ではない。まるで室内にいながら森の中にいるかのような、正真正銘の健康住宅と言える。

ぜいたくに素材を使えるのは、社内に製材部門を持つからだ。良質な無垢材を丸太で仕入れ、自社で加工や乾燥を行う。土台には頑丈な山グリ、梁には樹齢100年を超える極太の地マツ、柱には日光スギや秋田スギ、ヒノキなどを大胆に用いる。

極上の素材を用いて腕をふるうのが同社自慢の職人たち。ベテランに加え、生きのいい若手も成長している。「職人魂」を標榜し、適材適所の厳選無垢材を丁寧で高度な技法でコラボさせる。職人たちは「木造住宅の文化を継承し、施主のために良い家を造りたい」と切磋琢磨する。

自然素材の良さを引き立てるには、デザイン性も重要だ。無垢材を用いたデザインの追求という視点で、同社は和モダンを中心に多くの実績を積み重ねている。

近年では、子育て世代に向けて数多くの平屋住宅を提供している。平屋といえどもLDKを吹き抜け勾配天井とし開放感を生み出しつつ、ロフトなども配置し、居住空間や収納を十分に確保する。平屋の生活動線についても多くの引き出しを有する。

玄関を開けた瞬間から全身に心地よい木の香りが降り注ぐ。「これが平屋か」と思える開放的な吹き抜けLDKには、極太の大黒柱や梁もあり、気持ち良い。回遊性のあるキッチンを核とした空間は生活動線も良好だ。

一方、無垢材の家が欲しいが予算的に厳しい、一般的な建売住宅では個性がないと感じる施主に向け、無垢材を用いたリーズナブルな建売住宅を展開している。注文住宅における標準仕様と同様に、これでもかというぐらいに無垢材を用いる。平屋、30坪ほどの物件が中心となる。「限られた予算の子育て世代にも、できるだけ本物の木づくりの健康な住環境を提供したい」と山上守社長は語る。

間取り

施工
石山不動産
設計
石山不動産
工法
木造軸組工法
建築面積
160.65平米(48.59坪)
延床面積
154.25平米(46.66坪)

アクセスマップ

最新の不動産・
実力派工務店情報満載!

中古・新築住宅、売地、商業用地、賃貸物件など

最新のすみかくらぶWEB版を見る

Vol.1033 7/19発行

県内選りすぐりの工務店の家づくりがスマートフォンやタブレット、パソコンを通してご覧いただけます。

詳しくはこちら